北海道、道南、函館市、北斗市、七飯町、害虫駆除、ネズミ駆除、カビ防除、除菌消臭、光触媒、空気触媒、感染症、ノロウィルス、食中毒、インフルエンザ、シックハウス症候群、化学物質測定等、お気軽にご相談ください。
〒041-0841
北海道函館市日吉2丁目13-11
TEL & FAX 0138-32-2166



害獣駆除クイックサーチ
調べたい害獣をクリックして下さい
ネズミ
カラス
ハト

害 獣 駆 除
ネズミ駆除
 ご自宅や飲食店、工場などでネズミの被害にあうことも少ないない道南地域では、ハツカネズミとドブネズミが主だった種類です。まれに農耕地でトガリネズミが発生することもあります。駆除業者にネズミ駆除を依頼しますと半年ないし通年契約といった長期契約を勧められます。しかし多くの場合、10月〜11月の秋期になると越冬と繁殖を目的に建物内に侵入し、3月頃に家屋から離れます。当社はこのネズミの習性とお客様の早期決着のニーズにお応えするために「短期集中コース」(一ヶ月間の集中点検)をお勧めしております。殺鼠剤配置、粘着剤や捕獲かごを使用するトラップ配置のほか、ネズミの行動確認のためのビデオ撮影による駆除効果の可視化に努めております。お客様一人ひとりのニーズに合わせた駆除をご提案しております。

ネズミ駆除画像集
粘着シートに捕獲された
三匹のハツカネズミ
加工した粘着シートに捕獲
されたハツカネズミ
床下に設置した粘着剤に
捕獲されたハツカネズミ
捕獲かごに捕獲された
ドブネズミ
悪臭と体の痒みの相談による床下
調査で発見されたドブネズミの死骸
死骸回収後に消臭・殺虫処理

お問い合わせは、TEL 0138-32-2166    
メールの方は  EPネズミ駆除メール便  をクリックしてください。

ページトップに戻る




カラス駆除
 道南地域ではおおよそ4月〜8月の期間(雛カラスの巣立ちまでの期間)に親ガラスが近隣住民や歩行者を襲うといった事例が起こります。これは親ガラスの防衛本能によるものです。もしカラスの巣を発見されましたら早急な対処が必要となります。営巣が個人の所有地の場合は所有者が対応します。違う場合は最寄の市役所、役場にお問い合わせ下さい。
 カラスの営巣撤去や卵、幼鳥の駆除には鳥獣保護法で捕獲の許可が必要です。当社は捕獲許可の申請を厳守し、対応させていただいております。

カラス駆除画像集
歩行者を警戒している
つがいのハシボソカラス
学校敷地内の樹木に
営巣したハシボソカラス
回収したハシボソカラスの巣 電柱に営巣したハシボカラスの営巣
高所作業車により営巣を撤去 ミラーガラスに反射した自分の姿
に興奮しガラスを激しく突くカラス


お問い合わせは、TEL 0138-32-2166    
メールの方は  EPカラス駆除メール便  をクリックしてください。

ページトップに戻る




ハト対策
 破損した軒内や2階バルコニー下などに営巣し繁殖するハト。ハトには「糞害」と呼ばれる被害があります。単にハトの糞による汚損被害だけではなく、クリプトコックスという病原性真菌の温床ともなり得るものです。当社ではハトを傷つけずに巣の撤去や再発予防策を施します。

ハト対策画像集
倉庫でのハト糞害 ハト、営巣撤去後の殺虫処理 待機ハト対策の忌避剤設置 忌避剤設置例

お問い合わせは、TEL 0138-32-2166    
メールの方は  EPハト対策メール便  をクリックしてください。

ページトップに戻る
inserted by FC2 system